Windsurf


 9dwと7月に一緒にツアーを回ったサン・フランシスコのWindsurf。そのときの映像をYou Tubeで見つけた。彼らはアンビエントからシティポップまで(!)いろんな音楽を聴いている人で、話してもクレバーなナイスガイだった。音楽にそこが出ていると思う。
 サンフランシスコには今でもヒッピー文化の残像を感じる。自由奔放な発想で音楽や芸術が生まれる場所だ。1960年代にミニマルミュージックがサンフランシスコから生まれたのはいい例かもしれない。いろんなものから解放されていくと、Windsurfのような音楽が自然発生してくるのかな。東京のミュージシャンと比べても開放感が違う気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。