世界陸上ベルリン大会

 なんか今年の織田チャンはテンション低いなー(笑)。やっぱり山本高広にさんざんマネされて、意識しているのか…。少しでもテンションを上げれば「ヤベっ、ちょっと似ちゃったかも」と不意に感じる山本高広の影…。不覚にも似てしまう自分に否が応でも「外したい」という意識が働いて素直な感情を押し殺してしまっているのかもしれない。でも織田チャンはもっとテンション高いほうがいいよね。いっそのことモノマネそっくりでお願いします!
 なんかで聞いた話だけど、去年まで各選手にテレビ局が勝手に付けていたキャッチフレーズ「侍ハードラー」みたいなのが今年付いてないのは、どうやら陸連からNGが出たためらしい。そういうミーハーな視点で選手を見ないでってことなんだろうか。基本的に日本人はみんなミーハーでそういうの大好きなのに。
 そしてなぜか山本高広が今240時間マラソンをやっている。世界陸上もイッチョカミしている企画だけど、24時間テレビのイモトにぶつけてきたのは言うまでもないが、あまりやっている意味合いが薄い気がしないでもない。一生懸命やっているんだからもっと盛り上げりゃいいのに、たまにテレビに映る実走中の山本高広のテンションはヤバいくらい低い。なんかやらされている感バリバリなのだ。その裏にはなにやら織田チャンのモノマネ問題に絡めた、大人の事情が絡んでいるようなニオイがする…というのは考え過ぎか。勝手に僕が言っているだけだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。