ランボルギーニ・カウンタック

イタリアのランボルギーニ社から1971年に発表された幻の名車。 試作品ができたとき、それを見た社内の警備員がこう叫んだんだそうです。 「クンタッシュ!」。それがそのまま名前になった。 ピエモンテ州の方言で驚きを表す言葉らしいけど、イタリア人の発音を聞くとほぼ「コンタッチ」に聞こえる。これ、テレビで見た情報ね。 話の内容から察するに、コンタッチは「すばらしい」というより「なんじゃこれ」に近い意味のようで、その時の様子を語った幹部は眉間にしわを寄せながら「コンタッチ!?」って言ってました。クンタッシュは英語圏の発音かな。 追記。もう一度ビデオを見ていると「美しい女性を見たときファンタスティックって言うだろ、コンタッチはあれとおんなじ」って言っていました。そういうニュアンスらしいです。警備員はベルトーニ社の警備員だったらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。