Pro Tools 12のクラッシュ対策[Mac編]

最近Pro Toolsを使っている人がエンジニア以外ではめっきり減ってしまいました。
プラグインの問題だとか、維持費が結構かかるとか、いろんな理由があると思いますが、64bit化されてから音もよくなったと思うし、安定性もばっちしだと思うんですけど。12.8.2になってMIDI関連で便利な機能が増えたので打ち込みにも結構いいですよ。

 思い出したようにではありますが、時々見舞われるトラブルの対応法について、プロのエンジニアらしい情報をたまには書いておこうと思います。

Pro Tools のトラブルには”PT Pref”

 


詳細は別に分けて書きましたのでこちらをご覧ください。

僕のお勧めとして、これを使ってWAVESとPro Toolsのキャッシュ、データベースを捨てれば大抵は問題がなくなりますが、それでもだめならプレファレンスを捨てるべきです。そして最高のコンディションができたらそれをBackupしておき、また問題が起こった時にRestoreして今のコンディションに戻ってこさせることが可能なわけです。

得にwavesのキャッシュが壊れるとオフラインバウンスをする時にクラッシュする確率が高まる、と経験的にそう感じる時があります。

そして余計なプラグインは入れないこと。不安定なプラグインも結構あったりするので、謎のクラッシュが起きる場合は最近使い始めたプラグインを疑ってみましょう。

あとMacOSの問題であることも結構あります。
ハードディスク自体に問題があることも過去にはよくありましたが、最近はそうでもなく、疑うプライオリティは低いです。

ONYXというソフトを使ったことがないなら試してみるべきです。

フリーウエアで、OSのキャッシュやアクセス権の修復等をやってくれます。
Yosemite以降のOSではアクセス権の問題はぐっと少なくなっているようですが、
どのバージョンでも壊れる時は壊れます。

使い方はこのサイトなどが親切。